Products


東京応化工業(tok)のマイクロ流路形成用材料

東京応化工業(tok)は、フォトリソグラフィを用いた微細加工技術をもとにライフサイエンス関連製品の開発に取り組んでいます。医療・診断・創薬の分野で注目されているバイオチップ(μTAS、Lab on a chipなどのマイクロ流体デバイス)の製造において、構造体形成、基板接合に対応する感光性材料や表面処理材料を提供しています。
詳細についてはお気軽にお問い合わせください。


 親水性コーティング材料 NEW
ガラス、プラスチック、金属などの各種基材の表面にコーティングすることで親水性を付与可能。

 構造体形成材料 : フィルムタイプ TMMFTM S2000 & 液状タイプ TMMRTM S2000
高解像・高密着性を有し、高アスペクトのパターン形成が可能なネガ型感光性永久膜。
液タイプとフィルムタイプの組み合わせによりMEMSデバイスやバイオチップのマイクロ流路の形成にも適用可能。
特長 | 硬化膜物性 | 薬液耐性

 感光性接着材料
フォトリソグラフィによるパターニングと基板接合が一つの材料で可能。
Si to Si、Si to ガラス、ガラス to ガラスの接着に用いる感光性接着剤として使用可能。
特長 | 硬化膜物性 | 薬液耐性